使わないときだけ家を貸す

室内

家賃収入がある

持っている不動産を他人に貸し家賃を得る、不動産投資が注目されています。働かずとも収入が得られることで、副業する人も多いです。その中の1つにリロケーションがあります。リロケーションとは、転勤や海外赴任などで一時的に家を空ける場合、指定した期間だけ家を貸すことをいいます。賃貸期間が終了すれば、家を明け渡してもらうことが可能です。リロケーションが選ばれる理由は、家賃収入が得られることです。引っ越し先でもお金はかかりますし、家のローンを抱えている人もいるでしょう。空き家のままでは、家を維持する費用の負担だけが残ってしまいます。それを他人に貸して収入を得ることで、資産運用できるというわけです。また、家は空き家のままにしておくと、傷みやすくなるといわれています。湿気などによるダメージです。家に誰かが住み、生活してくれることで自然に換気がされ、そのダメージを回避することができます。管理を任せることができるところもメリットです。家は年々劣化していき、資産価値も少しずつ下がっていくものです。空き家を無駄にせず、使わないときだけ貸すことができるのがリロケーションであり、便利な賃貸方法といえます。リロケーションを行うには、持ち主が直接入居者に貸す方法と、リロケーション会社が間に入って賃貸借契約を結び、入居者に貸す方法があります。リロケーション会社に依頼すると、手数料がかかってきますが、滞納や空室のリスクを回避できる家賃保証がある場合があります。