家主が知っておくべき知識

アパート

管理や利回り知る

家賃収入による長期的な安定したインカムゲインが望めるマンション経営は、人気の不動産投資です。しかしマンション経営には利点だけでなく落とし穴も存在するため、様々な基礎知識を押さえておくことも肝要です。特に知っておきたいマンション経営の基礎知識が、管理についてです。人が住む以上、建物や入出金の管理は不可欠です。管理方法は大きく分けて2種類あり、家主が自分で管理する自主管理と、不動産管理会社などの第三者に委託する一般管理があります。どちらもそれぞれ利点と欠点が存在するため、管理方法は十分検討した上で決める必要があります。また全てのマンション経営で付きまとう問題として、お金の問題も数えられます。経営を始めるにあたって必要な資金の調達やローンの選定といった初期投資についての問題、管理費や維持費などのマンション経営開始後の経費の問題などは、多くの家主が抱えています。これらの問題をうまく処理するために、資金や管理に関して知るべき基礎知識が多く存在します。そして家主が知っておくべき知識として、もう1つ挙げられるのが利回りについてです。利回りは投資額に対してどれほどのリターンになるかを数値として表したものです。例えば3,000万円のワンルームマンション経営を行った場合、年間の家賃収入が300万円だった場合は、利回りは10%にあたります。初期投資を回収する期間を算出する上でも、利回りは非常に重要な数値のため、家主は常に意識が求められます。